住宅

通り土間と離れ和室がある平屋

来客の多い家であることから、ひとつながりのLDKをゆるやかに区切り、ダイニングはゲストをもてなす場所に、リビングは家族で過ごすプライベートな場所としました。

離れ和室は「将来、民泊をしたい」という夢を叶えるためのもの。現在は、来客をもてなす部屋として大活躍!

玄関からのびる通り土間には自転車を置いて。来客は、可動式のスノコから直接ダイニングへ。

天井は杉板、床はオークの無垢材を使用し、落ち着いた雰囲気のリビング。勾配のある天井とデッキに繋がる窓が開放感を演出。

ロフトにはデスクや棚を造作したご主人の書斎。

 

【設計事務所】

コラボハウス一級建築士事務所 高松オープンスタジオ

〒761-0312
香川県高松市東山崎町13番地2

建物情報

名称
通り土間と離れ和室がある平屋
住所

香川県

撮影会社・掲載会社情報

社名
HOUSEリサーチ 新築住宅情報センター
ホームページ
https://houseresearch.jp/

前のページへ戻る